読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護日記・施設拡大中

介護日記・施設拡大中 投稿私小説

ブルームーンな夜

しばらくぶりに逢う恋人ニ人が、空を見上げて言った。

「今夜はすてきなブルームーンだね。まるできみのように綺麗だ」

「そんな適当なこと言って。でも本当に大きくて、青く輝いてるわね」  

それはまるで、夜空に浮かぶサファイヤだった。  

彼らの心を洗い流してくれそうなほどに美しい。

「知ってる? その昔、月はもっと小さく黄色かったらしいよ?」

「えー、またそんな適当なこと言ってーー」

「ちょっと待って。これは本当のことなんだって」

「これはってことは、つまり私が綺麗だってのは、やっぱり適当だったのね。」

「ち、違うよ! 僕は本当にきみのことを綺麗だってーー」

「うふふ、そんなのわかってるわよ」

「まったく、きみはいじわるだな」  

二人は顔を見合わせると、幸せそうに笑う。  

そしてふたたび、夜空を見上げた。

「こうしてあなたと一緒にいられて、私は本当にしあわせよ」

「僕もだよ。こうして生きていられること、ご先祖様に感謝しないとね」

「そうね。百年前、移住を決断したご先祖様にね」

「しかし皮肉だな。汚染によって絶滅した星が、あんなにも綺麗だなんて!」  

男はひとつ、ため息をついた。  

今二人が立っている大地は、人類が移住した、月。  

そして二人が見上げた青い月は、滅んだガイア(地球)だった。

「ねえ、感傷にひたってるところ悪いんだけど」

「何?」

「もしかして、遠回しに私の心が汚いって言ってる?」

「ーーーーー」